Click Here ↓
Save on shipping with Rakuten Global Express Rakuten Global Express is an overseas shipping service for products purchased on Rakuten or other shopping websites, which are combined together at our warehouse in Japan and then shipped overseas. It is perfect for you if you want to save on shipping by combining products purchased on multiple different websites into one package, or want to buy products from shops that don't provide overseas shipping.
不動産投資家ルカ|FEBCリスナーブログ

ブログ主について

HN:ルカ・富山県生まれ・名古屋の大学卒:経営学士・母子家庭で育ち、最初の就職先は健康保険組合。在職中に社労士試験合格。
Uターンの後、病院の事務長・企画職20年勤務。時間外で助成金申請、医療(病院・クリニック)・介護専門コンサルタント・障害年金申請。

保有資格:社会保険労務士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、第一種衛生管理者、日商簿記2級、全商簿記1級、甲種防火管理者、危険物取扱者(丙種)





しあわせ

10分でわかる「神様を味方にする法則」小林正観著

車のナンバーを「358」している人は、小林正観さんの本を読んだ人か聞いた人です(^^)♪

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
人間関係、仕事、お金、家族、病気、ストレス、運…すべての悩みが解決し100%幸せになる!正観さんのベスト講演CD付録。

著者について
小林正観(こばやし・せいかん)
1948年、東京生まれ。旅行作家。中央大学法学部卒業。学生時代から人間の潜在能力やESP現象、超常現象に興味を持ち、独自の研究を40年以上にわたって続けた。

講演会は年齢・性別を問わず大人気で、最盛期には、全国で年300回超の講演会を行った。2011年10月逝去。著書は『幸も不幸もないんですよ』(マキノ出版)など累計220万部。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
小林/正観

1948年、東京生まれ。作家。中央大学法学部卒業。2011年10月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社より

新潟の大地震で多くの家が倒壊したとき、伊藤家だけが無傷だったのはなぜか。
この家は、そのとき食べ物から何から、全部放出した。

65室の住まいでは、家を失った人たちがしばらく生活しました。
「この家だけは、近所近隣の助けとなるから、傷つけないようにしよう」と神様は思ったのではないでしょうか。

伊藤家は、「いかにお金を貯めて、自分だけがいい思いをするか」を考える家でなくて、「いざというとき、いかに周りの人々に喜んでもらえるか」をいつも考えていた家だったからです。

おもしろいことに、仕事に関するいくつかの言葉の語源は、共通して、「喜ばれる存在になる」ことを示します。人間の仕事の本質は、「お金を稼ぐ」ことでなく「自分がいかに喜ばれる存在になるか」ということではないでしょうか。

(中略)私はトラベルライターですが、30年ほど見てきてわかったことがあります。

はやっているところは「どうしたら喜ばれるか」を考えていて、はやっていないところは「どうやって儲けるか」を考えている。

どうやって儲けるかを考えている間は、お客さんは来ないでしょう。

(前略)上の娘は、誰とも争わない。争わずにいると、敵も味方になった。彼女は無敵でした。

私はたくさんの人生相談を受けますが、彼女のおかげで、「もう、がんばらなくてもいいんじゃないですか。これからは、自分にも他人にも甘く生きることにしませんか」と言えるようになりました。

「き・く・あ」とは、私の造語で「競わない・比べない・争わない」の略語です。20世紀、私たちは、「人と競い合って勝つことは、偉い、すばらしい」と教えられました。その価値観からは、もう抜け出していいのではないか。

伊勢神宮を詣でたとき、私たち4人は、お願いごとはいっさいしないで、「ありがとう」を言い続けていました。
(中略)そもそも「祈り」の語源は、神の「意」と「宣」で、「意い宣のり」。神の意志を祝うということが、祈りの本質です。
一方「願い」の語源は「ねぎらい」。つまり、「ありがとうございました」、「おかげさまで」という意味です。

お祈りも、お願いも、本来は「自分の夢や希望をかなえてください」という意味の言葉ではありません。そうではなく、神仏に対して、私たちがしてもらっていること、生かされていることについて「ありがとう」と感謝を伝えるということ。

私が思うに、精神的な用語でのストレスとは、「自分の思いどおりにならないこと」です。だとすると、ストレスとは、人間が作り出したもので、宇宙にもともと存在する現象ではありません。

そうわかってくると、解決法が見えてきます。

(中略)根本的な解決法としては、「思い」そのものを持たないこと。思いを持つというのは、「あれが欲しい」「この願いが叶ったらいいのに」「今の状況を改善したい」と要求することでもあります。そのような夢や希望に満ちているのは、「今はそうではないから不満だ」「今の状況が気に入らない」と言っているのと同じ。

不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句には、宇宙はけっして反応しません。

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しております。 よろしければポチっとお願いします! ↓

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ

最近の投稿

Isseki Nagae/永江一石@「虎の穴」/ Satoshi NAKAMOTO アフィリエイター&クリスチャン(不動産)投資家
最近のコメント
    カテゴリー